クラウドストレージTENMA機能一覧 詳細

TENMA機能一覧

TENMAは、インターネット上(ブラウザ)からもローカルの環境からも使えるクラウドサービスです
主要の機能を以下にまとめました。

TENMA一般機能
TENMA専用アプリ機能
管理者権限機能(オプショナル機能)

TENMA一般機能

機能 説明 ブラウザ クライアントツール
クライアントツール(同期・各種機能便利ツール) TENMA専用のソフトです。パソコン上で機器の同期を取ったり、WEB公開設定や受取フォルダ設定が出来るなど、TENMAを幅広く使用するためのツールとなっています。(Windows限定)
クライアントダウンロード クライアントツールをダウンロードできます。
WEB公開 特定のファイルもしくはフォルダを、TENMAにログインできない外部ユーザに公開することができます。
受け取りフォルダ指定 特定のフォルダをTENMAにログインできない外部のユーザーでもアップロード専用として使用できるようにします。一度フォルダを作成すれば何度でも使用可能で、同じURLで複数回アップロードが可能です。
ログのダウンロード ログを出力することができます。TENMAへアクセスして行うログイン、ダウンロードやアップロード、ファイル操作、公開処理などの履歴を確認することが出来ます。
ユーザー設定 ログインパスワードや、表示言語の変更ができます。
一括ダウンロード 複数のファイル及び、フォルダを一括ダウンロードすることが出来ます。ダウンロードのスピードは、ネット環境によります。ブラウザでアクセスした場合に一括ダウンロードボタンを使えば簡単にダウンロード可能です。
ドラッグアンドドロップでファイルをアップロード internet exprolerやgoogle chrome等のブラウザからドラッグアンドドロップでファイルをアップロードできます。
ドラッグアンドドロップでファイルをダウンロード TENMA Client 上でドラッグアンドドロップによるファイルダウンロードができます。
サーバーとの接続時にプロキシサーバーを経由する プロキシサーバーを経由してTENMAにアクセスできるようになります。
分割アップロード プロキシサーバーの設定によって最大送信バイト数に制限がかかっている場合、分割アップロードを設定することによ り、制限を回避することができます。
サーバーにアップロードする際にファイルを暗号化する サーバーにアップロードするファイルを暗号化することができます。
ログを出力する ログを出力することができます。
officeファイルの開き方 officeファイルを開く際、直接TENMA上で開くか、一旦ダウンロードしてから開くかを選択することができます。前者の場 合、そのまま編集および保存することがきます。
HTTPバージョン 使用するHTTPのバージョンを選択することができます。

TENMA専用アプリ機能

機能 説明
アカウント追加 「新しいTENMAサーバーを追加する…」をタッチすると、設定画面が表示されます。 設定画面に各項目を記入すると、アカウントを追加・使用できます。
アカウント情報の編集 画面の右上の編集ボタンをタッチすると、各アカウントの情報を編集できます。
アカウント名の左側に表示されるマイナスボタンをタッチすると アカウントの削除をすることができます。
ローカルファイル ローカルファイルにはTENMAアプリ内で一時保存したファイルを一覧表示しています。 他アプリからTENMAアプリにデータを保存した際にTENMAアカウント上にデータをアップロードするために使用します。
「アップロード」ボタン この機能では、ファイルをアップロードすることができます。
・写真ライブラリからアップロードする iPhone/iPad/アンドロイド端末に保存されている写真・動画を選択してアップロードすることができます。 自動で写真ライブラリが表示されるので、そこから写真・動画を選択できます。

管理者権限機能(オプショナル機能)

機能 説明
一般ユーザー 通常のユーザです。Web公開機能やメール送信、読み取り専用機能は権限に応じて使用可。
管理者 すべてのフォルダ・ファイルにアクセスできます。グループ作成、ユーザ作成等すべての操 作が可能です。また自分以外の設定した読み取り専用ファイルを解除できます。またWeb 公開機能やメール送信、読み取り専用機能をすべて使用できます。
グループ作成者 グループの作成のみを行うことができるユーザです。
読取り専用ユーザー ファイルのダウンロードのみ行うことが出来るユーザです。Web公開機能やメール送信、読み取り専用機能は使用できません。
フォルダオプション 以下の形で・フォルダ設定が可能です。
時限ファイル期限設定の強制により…ができる。
・Web公開期限の強制により…ができる
・受取フォルダ期限の強制により…ができる。
参加グループ設定 ユーザーが参加するグループを選択します。 グループに参加すると、そのグループフォルダにアクセスできます。
メールアドレスの設定 通知等を受け取るメールアドレスが設定できます。
アクセス制限 メールサーバ情報やパスワードポリシーを設定したり、ファイルの保存期間やWEB公開の期限を一括で一定期間に設定することが出来ます。不正なアクセスや、非公開処理の忘れなどへの対策が可能です。
ユーザー期限 設定した期限を過ぎるとユーザ停止処理が実行され、ユーザーがログイン出来ない状 態になります。ユーザ及びユーザーフォルダは削除されません。
メールサーバの情報設定 メールサーバ情報の変更ができます。メール送信機能や各種通知メールを送信する際 に利用するメールサーバのアドレス及びアカウントを設定します。
システムメール設定 各種通知メールを送信する際に設定される差出人の情報を設定します。 システムメールの設定内容は、システムが自動的に送信するメールの送信者情報に使用 されます。
ユーザー作成時の通知メール、ユーザー更新時の通知メール、Web公開ファイルがダウンロードされた際の通知メールなど。
アクセス制限の設定
(同時接続数の制限や特定の IPアドレスやドメインからのみ 接続許可を行なう設定をしま
す)
接続設定
  • 同時接続数制限、HTTP接続制限の設定をします。
  • 同時接続数制限
  • HTTP接続制限
  • アクセス元IPアドレスチェック
全ユーザーのアクセス制限設定 アクセス制限の許可、拒否設定が出来ます。
Web公開アクセス 制限設定 ここで指定したアクセスIP/ドメインからのみアクセス可能になります。
rootアクセス制限 設定
クライアントアクセス設定
パスワードポリシー
パスワードの設定を細かく行うことが可能です。ユーザーパスワード、WEB公開パスワード、受け取りフォルダパスワードにおいて適応が可能です。文字数や期限などをお客様の任意で決めることが出来ます。
ユーザー PASSWORDポリシー
  • PASSWORDの長さを設定する 例:14文字以上※お客様指定
  • PASSWORDの有効期限を設定する 例:2日間※お客様指定
  • PASSWORDの履歴を記録する 例:3 回※お客様指定
  • PASSWORDは要求された複雑さを満たす必要がある
  • アカウントロックまでのPASSWORDエラー回数
Web公開パスワードポリシー
  • 公開パスワードの長さを設定する 例:14 文字以上※お客様指定
  • 公開パスワードは要求された複雑さを満たす必要がある
  • 公開停止までの公開パスワードロック回数 例:3 回※お客様指定
受取フォルダパス ワードポリシー
  • 公開パスワードの長さを設定する 例:14 文字以上※お客様指定
  • 公開パスワードは要求された複雑さを満たす必要がある
  • 公開停止までの公開パスワードロック回数 例:3 回※お客様指定
クライアントダウンロード設定 TENMAクライアントのダウンロード許可設定ができます。クライアントソフトの設定ファイル をユーザー画面に表示するかどうかを設定します。
アップロードの設定 ・ユーザーが利用可能なアップロード方法の設定を行います。

  • Java Appletでドラッグアンドドロップの使用許可
  • HTML5でドラッグアンドドロップ 使用許可
  • アップロードファイルサイズ制限の設定
ファイルの暗号化設定 サーバ上のファイルを暗号化して直接OSから読み取りが出来ないように設定が出来ます。データを保存する際に暗号化をかけることにより、不正なアクセスからのデータ抜き出し防止に役立ちます。
時限ファイルのデフォルト設定 ファイルをアップロードした際に、自動的に保管期限を指定するかの設定及び、保管日数を設定します。アップロードしたデータは、時限設定がかかっていると、その決められた日数を経過した時点で消失します。

  • 時限ファイル 保存日数設定
  • 時限ファイルを強制する
  • フォルダにも適用
Web公開/受け取りフォルダ 設定 Web公開設定 TENMA管理者は、WEB公開・受け取りフォルダ機能の詳細設定が可能です。一般ユーザーでは使用が出来ない機能を使用することが出来ます。また、受取フォルダなど、データが入ってきた際にメールの通知を受けるように設定することも可能です。
Web公開/受け取りフォルダ 設定 Web公開のデフォルト設定 Web公開を行う際の初期設定及び設定値を強制するかどうかの設定を行います。
メール認証を利用する、公開先メールアドレスを制限するダウンロード回数
制限 2回までなど。※お客様指定
Web公開/受け取りフォルダ 設定 受取フォルダ設定 受取フォルダを使用するかどうかの設定及びメール認証に関して設定を行います。
Web公開/受け取りフォルダ 設定 受取フォルダのデフォルト設定 受取フォルダを指定する際の初期設定及び設定値を強制するかどうかの設定を行います。
グループ設定
  • 管理者が作成したグループにユーザーを登録することで、グループ内のユーザー同士だけでデータの共有を行うことが可能になります。
  • グループ作成者はグループの更新のみ許可する
  • ファイル一覧のグループの詳細画面で参加ユーザー/グループを表示する
  • 管理者レベルでしか閲覧できない機密データ専用のグループを作成出来ます
バージョン管理の設定 ファイルを上書きアップロードした際、過去のファイルを保管しておくかどうかの設定及び、保管を何世代まで行うかを設定出来ます。この機能により、過去のデータも安全に保管出来、かつ新しいデータも残すことが出来るようになります。
ウィルススキャン設定 コマンドラインで指定したファイルをチェックできるウィルススキャンソフトウェアの設定を行います。
SSL証明書設定 SSL接続の際に使用する証明書の設定をします。
クライアント認証設定 クライアント認証を利用する場合の設定を行います。
ログ保存期間設定 ログの保存期間を設定します。
ファイル検索・サムネイル表示 設定 ファイル検索・サムネイル表示の使用設定や全文検索オプションのライセンスを有効にする。
ファイル検索用インデックスの再構築 ファイル検索時に利用するインデックスファイルを再構築します。
キャッシュクリア Win-Get Cloud TENMA内のキャッシュをクリアします。
バックアップ Win-Get Cloud TENMAのバックアップの設定をします。
リストア リストア(修復・修正)を実行します。
スマートフォンオプション設定 Win-Get Cloud TENMAがスマートフォンで使用することができます。
メール添付でアップロード機能設定 データをメールに添付し、Win-Get Cloud TENMAにアップロードすることができます。

機能一覧詳細PDFのDLはこちら