クラウドストレージTENMA機能一覧

TENMA機能一覧

TENMAは、インターネット上(ブラウザ)からもローカルの環境からも使えるクラウドサービスです
主要の機能を以下にまとめました。

クラウドストレージ基本機能

クライアントツール

クライアントツール

TENMAの専用ツール「クライアントツール」です。Windowsのパソコン上でTENMAを利用できます。ドラッグアンドドロップでのデータアップロード・ダウンロード、WEB公開・データ受け取りフォルダ設定などができます。

特徴
Officeファイルを直接編集し、更新をかけることが可能です
アカウントがあれば何台でもパソコンに設定が可能です
ログの出力が可能です

活用事例はこちら

同期機能

同期機能

TENMAの専用ツール「クライアントツール」を用いてパソコンやサーバ、外付けハードディスクのデータをバックアップ出来ます。データを同期する時間や、同期の方法を選択可能です。

特徴
バックアップを取る時間を指定することが出来ます
ご契約容量内で、最大限バックアップをお取り頂けます
同期設定では、データが更新された際に、サーバと機器の同期状態をどうするのか、手動または自動で選べます

活用事例はこちら

大容量メール送信機能(WEB公開機能)

大容量メール送信機能(WEB公開機能)

特定のファイル、もしくはフォルダをTENMAにログインできない外部ユーザーに公開することが出来ます。
容量の大きなデータでもURL一つで送ることが可能となる機能です。

特徴
ご契約容量の範囲内で大容量のデータを送付することが可能です
公開期限、公開パスワード、ダウンロード回数の設定可
暗号化機能により、不正アクセスからデータを守れます
ファイル及びフォルダ単位で設定を行えます

活用事例はこちら

データ受け取りフォルダ機能

データ受け取りフォルダ機能

特定のフォルダをTENMAにログインできない外部のユーザーでもアップロード専用として使用できるようにします。一度フォルダを作成すれば何度でも使用可能で、同じURLで複数回アップロードが可能です。

特徴
ご契約容量の範囲内で大容量のデータを受け取ることが可能です
公開期限、公開パスワード、ダウンロード回数の設定可
同時に複数人に送付した場合、中のデータをユーザー以外に見せる/見せないの設定が行えます

活用事例はこちら

一括ダウンロード

一括ダウンロード

複数のファイル及び、フォルダを一括ダウンロードすることが出来ます。ファイルのダウンロードスピードは、ネット環境によります。ブラウザでアクセスした場合に一括ダウンロードボタンを使えば簡単にダウンロード可能です。

特徴
ファイルやフォルダを一度にダウンロード
ブラウザからダウンロードの際は、ボタン一つで簡単にデータをダウンロードすることが出来ます。

活用事例はこちら

タブレット・スマホ用TENMAアプリ

タブレット・スマホ用TENMAアプリ

アプリは、AppStoreやPlaystoreで入手可能で、iPadやiPhone、android端末でTENMAを使用できるようになります。データの閲覧・データの編集・データのアップロードが可能で、その場で撮影したデータなどを即時アップロード出来る機能となります。

特徴
ファイルをダウンロードし、直接閲覧することが可能です
複数のアカウントをお持ちの場合は、そのアカウント文を登録し、中のデータを閲覧することが可能です
iPhoneやiPadで撮影した写真や、機器内に入っているデータをアップロードすることが可能です

活用事例はこちら

オプション機能(管理者権限)
※300GB以上のご契約か、別途ご契約頂く必要がございます。

新規ユーザー登録

一般ユーザー、管理者、グループ作成者、読み取り専用ユーザーなどのユーザーを作成したり、各ユーザーの権限の設定をしたり出来ます。管理者のみが全てのユーザーデータにアクセスが可能となり、IP固定設定などを行えば、不正アクセスを防ぐことが出来ます。

特徴
それぞれの種類のユーザーを作成することが可能です
管理者の方は、全てのユーザーのデータを閲覧可能です
IPを固定することで不正アクセスを防ぎます

活用事例はこちら

アクセス制限

メールサーバ情報やパスワードポリシーを設定したり、ファイルの保存期間やWEB公開の期限を一括で一定期間に設定することが出来ます。不正なアクセスや、非公開処理の忘れなどへの対策が可能です。

特徴
HTTPSの接続制限やアクセス元のIPの確認が出来ます
アクセス元のIPを限定することが出来ます

活用事例はこちら

ログの取得

ログを出力することができます。TENMAへアクセスして行うログイン、ダウンロードやアップロード、ファイル操作、公開処理などの履歴を確認することが出来ます。

特徴
ログイン・ダウンロード・アップロード・ファイル操作・Web公開・Web公開ログイン・Web公開ダウンロード・Web公開アップロードの利用状況の記録を確認出来ます。

活用事例はこちら

パスワードポリシー

パスワードの設定を細かく行うことが可能です。ユーザーパスワード、WEB公開パスワード、データ受け取りフォルダパスワードにおいて適応が可能です。文字数や期限などをお客様の任意で決めることが出来ます。

特徴
パスワードの長さの設定(例:14文字以上)※お客様指定
有効期限の設定(例:2日以内)※お客様指定
パスワード履歴の記録(例:5回)※お客様指定
アカウントロックまでのパスワードエラー回数設定

活用事例はこちら

アップロードについての設定

ユーザーが利用可能なアップロードの設定を行うことが可能です。また、ユーザーにアップロードをさせたくないデータの種類がある場合、拡張子で設定を行うことが出来ます(.exeなど)。

特徴
Jaba Appletまたは、HTML5でのドラッグアンドドロップの使用許可を行うことが出来ます
1度にアップロード出来る容量の制限を行うことが出来ます

活用事例はこちら

ファイルの暗号化

サーバ上のファイルを暗号化して直接OSから読み取りが出来ないように設定が出来ます。データを保存する際に暗号化をかけることにより、不正なアクセスからのデータ抜き出し防止に役立ちます。

特徴
使用開始前に設定を行う必要がありますが、この設定を行うことでデータをサーバに保存する際にファイルを暗号化してTENMAを経由しないOS経由でのアクセスを防止することが可能

活用事例はこちら

WEB公開・受取フォルダ詳細設定権限

TENMA管理者は、WEB公開・データ受け取りフォルダ機能の詳細設定が可能です。一般ユーザーでは使用が出来ない機能を使用することが出来ます。また、受取フォルダなど、データが入ってきた際にメールの通知を受けるように設定することも可能です。

特徴
メール認証を使用する、公開先メールアドレスの制限、公開期限を強制するなど、強制的にユーザーに制限をかけることが可能
データ受け取りフォルダで、相手がダウンロードを行った際にメール通知を受け取ることが可能

活用事例はこちら

グループ作成・管理

管理者が作成したグループに誰を属し、またどの範囲でデータを閲覧できるかということを設定することが可能になります。この機能を使えば、管理者レベルでないと見れない機密情報を扱うエリアと、営業など現場レベルの方が見れるエリアを切り分けることが出来ます。

特徴
管理者が作成したグループにユーザーを登録することで、グループ内のユーザー同士だけでデータの共有を行うことが可能になります。
管理者レベルでしか閲覧できない機密データ専用のグループを作成出来ます

活用事例はこちら

時限ファイル デフォルト化

ファイルをアップロードした際に、自動的に保管期限を指定するかの設定及び、保管日数を設定します。アップロードしたデータは、時限設定がかかっていると、その決められた日数を経過した時点で消失します。

特徴
時限ファイル(例:3日間)※お客様指定
時限ファイルを強制する
フォルダにも適応可能

活用事例はこちら

世代管理機能

ファイルを上書きアップロードした際、過去のファイルを保管しておくかどうかの設定及び、保管を何世代まで行うかを設定出来ます。この機能により、過去のデータも安全に保管出来、かつ新しいデータも残すことが出来るようになります。

特徴
データを世代管理しておくことで、誤ってデータを上書きした場合でも消失対策を行うことが可能になります。

活用事例はこちら

SSL設定・ウィルス対策

SSL接続の際に仕様する証明書を設定することが出来ます。また、指定したファイルをチェックできるウィルススキャンソフトウェアの設定も行うことが出来ます。

特徴
SSL接続への対応を行っており、高度なセキュリティレベルでデータにアクセスすることが可能
ウィルススキャンソフトとの連携で外部からの攻撃への対策が可能

活用事例はこちら